食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

【食オタPickUp】一瀬ゆかりさん

食のオタク、通称「食オタ」。

このコーナーでは、毎回1人の「食オタ」をPickup!

キラキラ輝く先輩「食オタ」に密着し、その活動をご紹介します♪

記念すべき初回、本日ピックアップするのは、この方!

365マーケット認定食育講師でもある
食オタ、一瀬ゆかりさんに密着します!

食オタをご紹介!一瀬ゆかりさん

こちらが一瀬さん!

私が感じた第一印象は…

「笑顔がステキで、
とても気品のある方!」

一瀬さんってどんな人?

まずは一瀬さんって、どんな方なのかご紹介しますね♪

一瀬 ゆかり さん (30代)

保有資格
●管理栄養士
●食生活アドバイザー 
●マクロビオティックセラピスト
●認知症予防食生活支援指導員

食オタとしての活動
●「食育マルシェ」で食育講師
●「食育ワークショップ」のインストラクター

≫食育マルシェサービス詳細 
https://office.365market.jp/

≫食育ワークショップサービス詳細
https://workshop.365market.jp/

一瀬さんは、一児のママ。

子育てをしながら、管理栄養士として
保育園にも勤めているそうですよ!

パワフルママさんだ~!!

なぜ食オタになったの?

一瀬さんが食オタになろうと思ったきっかけは、何なのでしょうか?

管理栄養士として、
これまでも野菜に関わる仕事をしてきた
という一瀬さん。

・野菜レストラン
・断食道場のマクロビ料理人
・レシピ開発
・野菜の栄養管理  などなど

「これまで培った知識を貯めるだけでなく発信したい…!」

そう考えるようになっていったそう。

そんなある日、ふと見つけたのが、
食育マルシェの講師の募集。

▼2020年1月現在の講師募集ページ
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18071

「企業で働くママさんや女性に
野菜や栄養のお話しができるって、
コレだ!と思いましたね~♪」

即応募し、みごと講師合格!

現在、一瀬さんはエースとして、
食育講師を任されています。

食オタ活動に密着【食育講師編】

一瀬さんといえば、やはり食育マルシェの「食育講師」

ちなみに「食オタ」の中でも「食育講師」になれるのはほんの一部。

選抜されたメンバーなんだそうです!

どんな活動をしているんでしょうか?密着させていただきましたー!

食育講師会

まず私が潜入したのは「食育講師会」。

毎月1回、食育講師が集まる
食育マルシェの練習会です!

・翌月のコンテンツの実演練習
・野菜の勉強
などを行うそう。

ステキな仲間たち

なんか堅苦しそう…
と、思いきや。

扉をあけると、そこは女子会?!笑

最近作っておいしかった料理のこと。
野菜の食べ方の情報交換。

話が弾んでいます!

それもそのはず!

講師のみなさん「食育がしたい」という
熱い想いを持って集まったメンバー。

想いを共にできる仲間たちが集まる、
月に1度の楽しい機会なんですね♪

集中!実演タイム

食育講師会、まずは
コンテンツの実演練習から始まります。

まずは講師の指導役でもある、
運営会社(株)VACAVO藤田さんから
コンテンツのポイントを解説。

コンテンツは藤田さん作成なのですが
なんと月替わりのテーマ!

だからこうして練習するんですね~!

さっきのにぎやかさから一転、
みんな真剣モード!!

一瀬さんも最前でメモを取りながら
内容をしっかりチェックしています。

なんだか一瀬さん、楽しそうに聞いてる。

本当に好きなんですね~!!

本番さながらのデモ

お次は一人ずつ、デモンストレーション!?

うわぁ~!
私だったら尻込みしちゃうかも。

ドキドキ…。

さぁ!一瀬さんの番です!!!

ほかの講師のメンバーが参加者役で
本番を想定して行います。

自分の言葉で分かりやすく
テンポよく進行する一瀬さん。

…すごい!!!!!

楽しくって
思わず取材を忘れるところでした!

「ABどちらだと思いますか?」

大きなジェスチャーも交えて、
みんなを巻き込む一瀬さん。

参加者役の講師も楽しそうです!

限られた時間内で行う食育マルシェは
タイムキープもとっても大事!

デモの間もしっかり時間を測ります。

時間内に分かりやすく話せるよう、
みんな自宅で練習するそうですよー!

…すごいなぁ!食育講師!!!

「講師会で練習とか勉強ができるから、
思いっきり本番に臨めるんです。」

と、一瀬さん。

こうやって一瀬さんも、
仲間と切磋琢磨しているんですね~!

テーマ野菜の勉強

講師会の締めくくりは、テーマ野菜の勉強です!

毎回テーマとなる農園さんの野菜が用意されています。

自分で食べてみないと伝えられないですもんね!

▲手前/里芋、奥左/菊芋、奥右/ヤーコン
(珍しい野菜の試食も用意されてあることも)

「こう調理すると主人がめちゃ食べる」

「油と合わせると吸収率UPだよね」

「こんな裏ワザあるよ!」

それぞれが持っている貴重な情報をみんなで雑談のように話していきます。

これは仲間がいないとできない~!

美味しい見分け方のポイントも実物を使って、改めて確認。

野菜の食べ比べをすることも
あるそうですよ~!

こちらは7月に行われた講師会の様子。

同じ野菜でも、農園さんによって味が違うそうです!

取材した日は里芋がテーマだったので、その場で食べずに持ち帰ることに。

みんなで野菜を分けます♪

一瀬さん嬉しそうですねー!

一瀬さんはこんな風に「伝える」練習を
仲間たちと共にしているんですね!!

お互いに刺激し合える仲間がいる、
ステキだな~♪

「食育マルシェ」お仕事当日!

一瀬さんが担当される、
「&well」さんでの食育マルシェ。

同行させていただきました!

「&well(アンドウェル)」とは?
三井不動産株式会社と一般財団法人日本予防医学協会が、2019年6月より、企業と従業員双方をサポートし、企業の健康経営推進に資するソリューションサービス。更に健康経営領域の第一人者である特定非営利活動法人健康経営研究会との協働により、実効性のある様々な健康経営ソリューションを行っている。
≫「&well」概要(ニュースリリース)

この日は、2019年12月12日(木)。

クリスマス間近ということで建物のロビーにも大きなツリーが!

食オタのユニフォームに着替えて…

いざ!
食育マルシェの準備スタートです!!

食育マルシェの準備

食育マルシェの野菜は、生産者さんから産地直送!

一瀬さんさっそく、事前のリストと照らし合わせて
野菜をチェックしています。

これ、その日の野菜の状態を見ているんだそうです!

「同じ小松菜でも、小さいものや柔らかいものはおひたしに、育ってしっかりしているものは炒め物なんかをお勧めしますね♪」

野菜の状態によって、
おすすめの食べ方を変えるそうですヨ!

…さすがプロ!!!

テキパキと木製の傾斜台を組み立てて、
そこに野菜を並べます。

野菜のPOPは、一瀬さんの手書きなんだそうです~♪

今回のテーマ野菜は、サツマイモ!

野菜ソムリエ農家のはらの
Premium紅はるか「おはるちゃん」です!

「今日のおはるちゃんもイイ感じ♡」
と、一瀬さん。

糖度計で測れないくらい甘〜くて
一瀬さんの娘さんも大好きだそうです!

POPを見やすく貼り付けていきます。

じゃーん!

食育マルシェの準備完了です!

いつの間にか、会場は参加者でいっぱいになりました!

食育マルシェスタート!

さぁ、いよいよ!
本番スタートです!!!

(…なんだか私の方が緊張してきた)

前半:食育セミナー

一瀬さんが颯爽と登場♪

自己紹介からニコニコ、ハキハキ!
笑顔も全開モードです!

管理栄養士の知識も生かし、
食物繊維のお話しをしていきます。

そして食育マルシェといえば、
野菜のクイズ!!

参加者の皆さんもノリノリ♪

「Bだと思う人〜?」

また、一瀬さんの盛り上げ方が、
とっても上手!

食育講師会の時もすごかったけれど、
本番はもっとスゴイ!!

テンポよく惹きつけて
参加者を飽きさせません!

会場内を大きく動き回って
みんなを巻き込んでいきます。

後ろの方の席の方にも、
答えを聞きに行っちゃいます!

ひとつづつ野菜の説明もしていきます。

埼玉県入間市のファムファームさんから
人参も2種類。

黄色とオレンジ、それぞれの特徴と
オススメの食べ方を紹介していきます。

食オタとして、腕の見せ所ですね~!

普段からアンテナを張っていないと
お伝えできないですよね!!

後半:マルシェ

さて、ここから野菜のお渡しタイム♪

待ってましたとばかり、
参加者が野菜を選びに来ます!

「これはどうやって食べたら良い??」
「子どもが野菜食べてくれないんです」

参加者の相談に乗る一瀬さん。

藤田さんがサポートしてくれるので、
ゆっくり参加者に寄り添えますね~!

まだ少しお野菜がありますね。

一瀬さん、すると…

じゃんけん大会しますよーと!!

「野菜欲しい方、スタンダップ~♪」

じゃんけん…

ポン!

また、一瀬さんの盛り上げ方が上手っ!

ほとんど全員が参加!
ワイワイ盛り上がって、完売です♪

参加者のお見送り

「野菜何にした?」「私、玉ねぎ!」

嬉しそうに帰る参加者を
会場の出口でお見送りします。

帰り際にも、
野菜の食べ方を相談されたり、
調理のコツを伝える一瀬さん。

参加者みなさん、ニコニコ!!

一瀬さん、大成功ですね!!!

おつかれさまでした~♪

「食オタ」として目指すもの

「食オタ」として
一瀬さんの想いを聞いてみました。

「食オタ」として心がけていることは?

日頃から知らない品種を見つけたら
食べてみるようにしています!

実際のわたしの言葉でみなさんにお伝えしたいなーと。

調理もお得意なんですよね

私は管理栄養士でもあるので、
そこも生かして!

栄養を効率的に摂れる調理法も
みなさんにお伝えしたいと思っています。

また、野菜を食べたくなるような
おすすめの仕方を試行錯誤しています!

食育講師として心がけていることは?

健康や食に興味を持ってもらうには、
「野菜=楽しい!」
と、感じてもらうことかなと。

なのでやはり、どう盛り上げるか!

私の話し方ひとつで
会場の雰囲気が変わるんです。

せっかく良い内容でも、楽しくないと
結局心に残らないと思うんですよ。

また、私は学生時代に、
演劇部に在籍していたこともあって。

こうして人前でお話しして、
参加者が楽しんでくださることが
自分も心から楽しい♪

何でも楽しまないとですよね!!

やりがいを感じることって何ですか?

食育マルシェは定期開催される企業様も多いんです。

すると、参加される従業員の方の
人数が増えていくんですよね!

「楽しかったから、また来ました!」
と、同僚を連れて参加してくれたり♪

これ、やりがいですねー!

「この前教えてくれた食べ方でやったら
すごく美味しかったよ!」

と言われた時はとても嬉しかったです♪

この仕事してて良かったー!
って思います(笑)

「食オタ」になりたい人へメッセージを

「食への熱い思いがある」
それだけでいいと思うんです。

それを「誰かに伝えたい」と考えたら
もう食オタだと思います。

私は食育講師としてですが、
伝え方はさまざまで。

記事、PR販売、ワークショップの先生
いろんな舞台が用意されている。

それが「食オタ」かな?

私も最初はドキドキしながら
運営部に連絡してみました!(笑)

でも一歩踏み出してよかったな~
と思っています。


「透明感に溢れ、
全開の笑顔が親しみやすいステキ女子」

これが、一瀬さんの第一印象。

でも、食育マルシェが始まると、
キリッと知的な面が前面に!

一瀬さんのお話を聞いていると、

「目新しい野菜を食べてみよう!」
「今度はこんな料理にしよう!」

そんな風に感じさせてくれました。

私も見習って、
食オタとしての「伝える」役目に
邁進したいなぁと思います!

ではでは、
次回の食オタPickupもお楽しみに!!


※この記事の内容は2020年1月現在のものです