食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

赤大根

赤大根
・アブラナ科
・京むらさき大根 ・紅くるり大根 ・あやめっ娘大根 など
・生食向き

赤大根とは?


赤い色をした大根は、辛みがマイルドで、甘みを感じやすいものが多いです。
生食向きなので、野菜スティックやサラダにするのがおすすめです。

きれいに発色させるには?

赤大根にはアントシアニンという赤い色素が含まれていて、酸性になると赤く鮮やかに発色します。

つまりお酢やレモン果汁などをかけると赤くキレイな色になるので、甘酢漬けやピクルスなどにも向いていますよ。

大根おろしもピンク色になって、とっても可愛いです!

ただし、煮込むと煮汁に赤色が溶けだしてすごい色になるので、加熱したい場合は蒸し野菜にすると良いですよ。

葉付きの場合の保存方法

もし葉っぱ付きのものが届いたら、すぐに葉を切り離して、別々に保存してください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE