食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

【産地見学】原木舞茸ってどう栽培されているの?(丹波山倶楽部/山梨県)

通常出回る舞茸は菌床栽培で育てられますが、丹波山倶楽部では、原木で舞茸を栽培されています。天然に近い環境で育っているため、原木舞茸は格段に風味・食感が違う!

ナラの木を切り出してそこに舞茸菌を植菌し、3か月間ほど培養したのち、榾木(ほだぎ)ごと畑の土の中に埋めていきます。枯れ葉をかぶせて約3カ月後、9月中旬から10月上旬に舞茸が収穫できます。

収穫できるのは1年のうちたったの3週間!

貴重な原木舞茸の様子の、取材レポート動画です!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE