食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

【イベントレポート】食オタ×生産者×企業でワンチーム!365マーケット忘年会2019

12月5日、木曜日。

ちょっと早いクリスマス会として
365マーケット忘年会が開かれました♪

365(サンロクゴ)マーケット忘年会
https://job.365market.jp/project_detail_com.php?project_no=15120191024162023

今年で3回目となるこの忘年会。

その模様を、新人食オタでもあるわたくし新井がレポートします♪

忘年会スタート!!

開場するやいなや、みなさんが続々いらっしゃいます!

まずはこの方に、お話しを聞いてみましょう♪

365マーケット忘年会って?


365(サンロクゴ)マーケットの運営会社は、株式会社VACAVO(ヴァカボ)。

代表の長岡さんに聞きました!

▲創業の頃のお写真お借りしました!

Qなぜこういった忘年会を?365マーケットに関わってくださる、食オタや生産者、お取引企業のみなさん。たくさんの方たちによって、この365マーケットは支えられています。その感謝の意味も込めて、毎年開催しています。この忘年会は、食オタ × 生産者 × 企業、それぞれみなさんの交流をはかるための会です!
Qそもそも365マーケットって何?365マーケットは、食オタコミュニティです!食のオタク(通称、食オタ)の伝える力で、さまざまな食育サービスを展開しています。365マーケットでは、儲かる農業の実現や地方創生や働き方改革などの社会課題を解決すべく、一次産業のマーケティングプラットフォームを目指しています!

「食オタ」「食のオタク」は商標登録済みだそうですよ~!

私も食オタとして、「伝える」役目があるんですね!!

はじめましてのご挨拶!


忘年会は、食オタ・生産者・企業が一堂に会する貴重な機会。

みなさん到着するやいなや名刺交換タイム~♪

普段、食オタとしてお仕事でうかがっている企業さまと。

生産者同士で情報交換。

365マーケットの新しい取り組みが
ここから生まれることもあるそう!

食オタでも、名刺を持っている方も
多いんですね!!

バイトのように食オタで稼いでいたり、
イベントだけ顔出す方も。

そして本業は会社員で、
副業で食オタ活動をしている人も。

新しい働き方だ~!!

さぁ、いよいよ乾杯!

会の司会進行は、ヴァカボ藤田さん。

乾杯の音頭に、
ヴァカボ長田さんが指名されました!

▲ちょっと嫌がる長田さん。

ヴァカボメンバー全員で手をつないで
「今年もありがとうございましたー!」

▲向かって右から:VACAVO長田さん/長岡さん/藤田さん/鈴木さん

からの…

カンパーイ!!!

歓談タイム

しばしフードをつまみながら
自由歓談です!

食オタ同士、話が弾でいるようす♪

一緒に食オタの仕事をした同士も
この日初めて会ったというメンバーも!

ひとりで初参加という食オタも、
みんなが受け入れてくれる感じ♪

食オタのオススメ野菜発見!

フードの中に、珍しいもの発見!!

みなさんは食べたことありますか?
「食用ほおずき」!!

▲ほおずきファーム白馬(長野県白馬村)の食用ほおずき

わたしも初めて食べました!!
おいしさにビックリ~!!!

ヴァカボ藤田さんいわく、
「マンゴーやトロピカルフルーツのような甘さと香りに、ほんのり大人な苦みが口に残る味」と。

今日の食用ほおずきは「太陽の子」という品種だそうです。

みんな美味しさに感動していました!!

チーム対抗!食育クイズ大会

「食育クイズ大会始めますー!」
との声が。

いよいよ忘年会メインイベントです♪

「同じ野菜同士で集まってください~」

そういえば、受付の時に
野菜のくじを引いたっけ。

チーム内で、まずは軽く自己紹介です!

これは後から聞いた話ですが、
食オタ・生産者・企業が混じり合うよう
工夫されていたんだそう!

そういうところにも
会の想いが入っていたんですね~。

チームで食育クイズに挑戦!

チームみんなの知恵を出し合って、
食育クイズに挑戦します♪

食育マルシェで出題されていた
問題が中心とのこと。

全部で14問。
スマホ検索は禁止ですよ~!!

それぞれのチームをのぞいてみましょう♪

こちらは私も入っていた
サニーレタスチーム!

ベテランの生産者が
2人もいるから心強い♪

ナスチームは食オタ引退者が多数?!

食オタとしてお仕事をしなくなっても
こうやってイベントに顔出したり、
みんなと交流できるって素敵♪

人参チームは人数が少ないけれど、
食育マルシェ講師の一瀬さんが強力!!

こちらは、手前はカボチャチーム、
奥がほうれん草チーム。

青果流通関係者が多いのは、
クイズ有利~!!

実際のクイズを一部公開♪

みなさんも考えてみて下さい!

問題3 
サツマイモの切り口から出る白い汁の名前は何?
問題4 
次の野菜・果物の読み方は?①陸蓮根
②無花果   
③大蒜 
④糸瓜
問題6 
次のうち「魚の臭み消し」として有効とされるハーブは?バジル
コリアンダー
フェンネル
タイム
問題8 
(  )に入るのは何?トウモロコシのひげの数は(    )の数と同じである

※正解は記事の最下部に記載

みんな真剣ですね~!

答えはまとまるか?!

そろそろ制限時間ですよ~!

答え合わせ

スライドに注目!
答え合わせですよ~。

マイクを持って藤田さんが、
答えを聞いて回ります。

みんなドキドキしながら、
答えを発表~。

途中からレポーターは
長岡社長にバトンタッチ!!

藤田さんがスライド使って、
答えを発表していきます。

会場は一喜一憂!

「当たったー!」「はずれたー!」
とみんな大はしゃぎ(笑)

とっても盛り上がりました!

優勝チーム決定!

優勝したのはこちら!

人参チームです!!!

おめでとうございます~♡

副賞は「食用ほうずき」。

そして優勝賞品はAmazonギフト券!!
でも、もらえるのは1人だけ?!

なぜか、丸二の藤田社長と
じゃんけんで優勝1名を決めることに。

優勝したのは、本多美幸さん!
おめでとうございます~!!

本多さんはこの日、
365マーケットのイベント初参加だそうです!

「チーム対抗!食育クイズ大会」は
大盛り上がりでした♪

大人がたくさん集まって、
本気ではしゃげるって、スゴイ!

しかも今日はじめましてのメンバーと。

これが食オタコミュニティなんですね!

明るくおもしろい方たちばかりで、
私もとっても楽しかったです♪

食オタ×生産者×企業の交流

ここからは自由交流タイムです♪

ワイワイお酒を飲む生産者や企業の方、
お茶でお話しが弾む食オタたち。

そんな中、会場の一角で
参加者紹介コーナーがはじまりました!

生産者&企業紹介

 

株式会社山水 福知社長

スポンサーマルシェを導入下さっている
山水(さんすい)の福知社長です!

▲長岡さんも慕っている福知社長。ヴァカボ創業前からお世話になっているそうです!

いまや月に50~100開催ほど
いろんな所からご依頼あるそうですが、
初めて導入くださった会社とのこと。

スポンサーマルシェが始まって今まで、
月に1~2回ずっと継続開催してるって!
すごい!

福知社長
「マルシェは本当にお客様が楽しみにしています!個人的には斎藤さんの野菜が大好き!人参おいしいですよ~」

生 産 者

たがやす倶楽部 斉藤完一さん

福知社長も大好きという、
こちらが斎藤さん。

▲藤田さんが肩の上に落花生をのせているのですが、気がつかないようすの斉藤さん。

30年前から農薬や化学肥料に頼らず、
土づくりにこだわり畑を耕しています。

365マーケットで初めてお取引された
農家さんなんだそうですよー!

斉藤さんの堆肥は植物性だけで作り、
今年は昆布も混ぜ込んだそう!!
(ぜったい美味しい♪)

そして、斉藤さんからは差し入れが。

畑でとれた、「黒落花生」です!
つぶが黒い!!

食べてみると…ナニコレ!美味しい!!
味が濃くて甘みも強い~!

365マーケットでもたまに、
農園ツアーもやっていたりするので、
機会あったら私も畑行ってみたいなぁ!

生 産 者

岩城農園 岩城敬さん

こちらも365マーケット契約農家、
岩城農園の岩城さん。

岩城さんも農薬化学肥料使わず、
少量多品目の野菜を作っています。

▲ちょっぴりシャイな岩城さん。実は長岡さんと同い年!!

農家の前は、漁船に乗っていた、
そして頭の良い大学出身という噂!

結構、謎な人物です(笑)

藤田さんいわく、岩城さんの野菜は
川沿いのミネラル豊富な土地なので、
濃くて強い味が特徴だそうです。

火を通すとトロットロになる
赤ネギがマルシェで大人気!

ただいま恋人募集中だそうですよ~♪

食オタ・生産者

加藤 時彦さん

美味しい野菜をつなげる役目をする
笑顔が素敵な加藤さん。

加藤さんは野菜の流通・生産に、
めっちゃ詳しい!

畑をやっていたり、
直売所をやっていたり、
市場の競りで買い付けてきたり。

365マーケットとの関わり方って
いろいろなんですね~。

1月の食育マルシェのテーマ野菜は、
加藤さんオススメする生産者の
「生姜」なんだそうですよ~♪

生産者(流通)

株式会社丸二 藤田社長&大池常務

丸二(まるに)さんは、
大田市場の仲卸業者さん。

今年社長に就任した藤田社長と
大池常務がいらしていました!

▲ル・レクチェの説明をする大池さん。

フルーツの仕入れや食オタ活用のマーケティングなどで365マーケットと関りがあるそうです!

丸二さんからはフルーツの差し入れ♪

シャインマスカットとル・レクチェ。

今の時期のシャインマスカットって、
貴重ですよね~!

そしてこのル・レクチェは良い色で、ちょうど食べごろ♪

ここは食オタの出番!!

誰に言われることもなく、
フルーツの準備をはじめました。

鮮やかな包丁さばきを見せる食オタたち。

さすが~♪
手際がいい!

あっという間に
飾り切りがあしらわれたプレートに!

▲飾り切りをしてくれたのは、食オタの山﨑さん。

シャインマスカットも
ル・レクチェも、美味しい!!!

みんなであっという間に
食べちゃいました(笑)

食オタ紹介

ここからは、私がお話しさせてもらった
食オタの皆さんをご紹介♪

食オタ 岡安香織さん

幼児食アドバイザーなどの
ママさん向けの資格も持っている岡安さん。

スポンサーマルシェなどで活動中です!

▲真ん中の白黒ボーダーが岡安さん。365のイベントには良く参加するそう。

「若い人にも、いろんな野菜の食べ方をお伝えできることが嬉しいんです♪」
と、岡安さん。

しっとりした女性ですが、軸に熱いものを持っている方ですねー!

食オタ 福嶋由希さん

福嶋さんは、なんと!
2019年でお仕事依頼数が最も多い食オタさんだそうです!

スポンサーマルシェでNo1の活躍!!

▲向かって右、楽しそうにお話しする福嶋さん。

自分がお客様に食べ方を説明して
「その野菜、食べてみるわ!」
そんなやり取りが嬉しい、とのこと。

そして常連のお客様が
毎回楽しみに待ってくれているのが、
マルシェのやりがいになんだそうです!

お客様から好かれそうな、
柔らかくて女性らしい方だな~♪

食オタ 河西悟さん

河西さんは、男性の食オタ!

食オタは女性がほとんどなんですが、
男性もいらっしゃるんですね~。

▲真ん中奥の、赤いシャツが河西さん。

大学でみかんの研究をしていた学究派で野菜ソムリエの資格も持っています。

実は、現在の職は、食オタで活動したことがきっかけで就職を決めたそうなんですよ!!

人生の転機が、食オタきっかけなんて!

食オタ 水野あきさん

水野さんは、新米の食オタ。

第6期の食オタマガジンライターとして
この冬から加入したメンバーです。

▲おふざけするヴァカボメンバーの前で、堂々と発表する水野さん。

水野さんは、料理研究家でもある5歳の女の子と2歳の男の子のママ!

トレーニング中の旦那さんのために普段からササミの研究をしていたり♪

食オタノートでは「肉オタ」として深掘り記事を書いていくそうですよ。

水野さんの記事、楽しみにしてます~!

2019年を振り返って

そろそろ宴もたけなわ。

「1年間を振り返って、運営部から発表があります!!」

「食オタノート」アワード発表!

そうして始まった、
食オタノートアワード2019~♪

「食オタノート」とは?

食オタノートとは、食オタ向け情報発信サイト「食オタMAGAZINE」の人気コンテンツ。食オタが野菜・魚・肉などについて、ググっと深掘りした実験・検証・体験などをリアルに行い、読みごたえがありすぎる記事にしている。

※食オタノートは、毎週月曜日の昼12時アップ!

2019年に出された記事の中から、
運営部イチ押しを表彰します!

アワードで選ばれた記事はコチラ!!!

「検証!しゃぶしゃぶの「アク」対策には温度と鍋がポイント?!」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18131

記事執筆
食オタ 田窪 綾(たくぼあや)さん

【選考理由】  自分ではなかなかできない検証実験。時間もかかるし手間がかかってます。流石って感じですね!実際にベスト温度でやってみるとやはり食感も美味しさも違います。
こういう検証は実際の料理で活用できるのでありがたい。(鈴木達也)

「【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみよう!」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18107

記事執筆
食オタ 加野 有美(かのゆみ)さん

【選考理由】 食オタノートが科学の領域に踏み込んだ記念すべき記事!と、少し大げさですが、新たな方向性を感じさせていただきました。
興味をそそる課題・内容で今年の夏休み自由研究シリーズの今年No.1PVにも感謝!(長田純)

「卵のギモンを解消!自分好みの「ゆで卵」を作ってみよう」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18112

記事執筆
食オタ 田窪 綾(たくぼあや)さん

【選考理由】  茹でたまごにこんなに向き合う人は、かなりのオタク!美味しいタマゴを食べるためのコツが実験により明らかになったのは、価値高い良質な食オタ記事でした!(長岡康生)

「子どもに魚を食べてもらいたい!「焼き魚」をキレイに食べる方法とコツを検証」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18133

記事執筆
食オタ 糸井 朱里(いといあかり)さん

【選考理由】魚の骨格から魚の食べ方を考察する発想は、実に食オタらしい!子どもに食を好きになって欲しいという願いは、食オタの原点でもあると思います。この記事から魚が好きになる子供(だけでなく大人も!)がたくさんいたら…という願いも込めて。(藤田久美子)

サツマイモと米でつくる謎の発酵飲料「ミキ」づくりに挑戦!
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18139

記事執筆
食オタ 魚谷 真理子(うおたにまりこ)さん

【選考理由】  近頃の発酵や腸活ブームで「菌」の役割が改めて注目されている中、「ミキ」という奄美の乳酸菌発酵飲料、そもそも知っている人も多くはないのでは?
こういった各地に伝わる伝統食文化を伝承していくのも、食オタの大きな役割だと思います。(藤田久美子)

【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「宝石せっけん」をつくろう!
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18111

記事執筆
食オタ 豊岡 加奈子(とよおかかなこ)さん

【選考理由】野菜の捨てる所を余すことなくという意識は、ザ・食育ですね!それに加え、宝石せっけんが非常にキレイで、作ってみたいと思う人も多いと思います。
記事内容が「食育ワークショップ」にも昇華し、そちらでも人気になっている点も高く評価。(藤田久美子)

ワンチーム!

おおいに飲んで、笑った忘年会も、
そろそろお開きのお時間。



みんなで集合写真をパシャリ★

最後の締めは、なぜか全員で円陣?!

one team!!!

「食オタも、生産者も、企業も、
みんな一つのチームになって
農業界を盛り上げていきたい!」

と、長岡社長。

2019年はラグビー日本代表が
「one team」で盛り上がった年!

365マーケットも、ひとつのチーム!

この輪に入れたことが、
なんだか誇らしく嬉しく思う瞬間でした♪

みなさん!
2020年もよろしくお願いしまーす!

※このイベントは2019年12月5日に行われたものです。

食育クイズの答え
問題3 ヤラピン(ヤラッパ樹脂)

問題4 
①陸蓮根(オクラ)
②無花果(イチジク)
③大蒜(ニンニク)
④糸瓜(ヘチマ)

問題6 フェンネル

問題8 粒

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE