食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

紫にんじん

紫にんじん(黒にんじん)
・セリ科
・甘みが強い 野菜スティックやサラダなど生食向き
[品種による中の色の違い]
・パープルスティック…中は黄色
・パープルスイート…中はオレンジ色
・ダークパープル、パープルターゲット…中まで紫色

紫人参とは?

紫人参は普通の人参に比べて甘みが強く、野菜スティックやサラダなど生食向きです

黒っぽくて濃い紫色のものは「黒にんじん」とも呼ばれます

紫人参は、人参の原産地のひとつアフガニスタン生まれでオレンジ色のにんじんよりも実は歴史が古いです

 

品種による色の違い

中の色は品種によって様々で「パープルスティック」は芯付近が黄色に近いオレンジ色

「パープルスイート」は中が一般的な人参色、「ダークパープル」はうすい黄色~薄紫

「パープルターゲット」は中まですべて紫です 

 

発色を活かせるおススメメニュー

この紫色はポリフェノールの一種アントシアニンで、スープや煮物などにすると色が溶けだしてしまいます

アントシアニンは酸性できれいに発色するのでお酢やレモン汁を使ったピクルスやキャロットラペにも向いていますよ

また、生のまま適当な大きさに切った紫人参とお酢・オリーブオイル・塩コショウとミキサーにかければ
魅惑的で美味しい人参ドレッシングができます 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE