食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験してみた

果物の糖度実験、第2弾!!
今回は、ぶどうの糖度を徹底調査!

前回のスイカの記事は読んで頂けましたか?

》スイカは真ん中が甘いって本当?糖度実験してみた

スイカは、ウワサ通り「真ん中が甘い」ことが判明!

では、ブドウはどうなんでしょう。

そもそも同じ房でそんなに違いがでるのか?
保存しておくと糖度は変わるのか?

あんまり意識なく食べてたけど、違いが出るなら、こっそり甘いところを選んで食べたいな~。
私自身も興味津々♪

では早速、調べていきましょう~。

 

実験1:ブドウはどこが甘い粒?

食オタ仲間の増田純代さんの紹介で、西東京市の保谷果樹園さんに伺ってきました。


 
保谷果樹園さんにご協力いただいて、今回は、4種類のブドウを集めることができました!
なんて贅沢な♪

左上:藤稔(ふじみのり) 右上:サニールージュ

左下:デラウェア 右下:シャインマスカット

部位によって糖度は違うのか?

先端を①として4か所の糖度を測り比べてみました。

①先端(下) ②中央部分(先端寄り)③中央部分(枝寄り)④枝近く(上)

◆藤稔

藤稔(ふじみのり)は、巨峰のような黒紫色の品種。

今回は早採りでいただいたので、色がまだ少し薄めですね。

 
部位ごとに分けて…

それぞれ皮ごとミキサーにかけ
果汁にしました!

まずは先の方から計ってみましょう。

 ①先端…糖度16.0度 

ちなみに藤稔は、糖度17度くらいのぶどうです。

 ②中央部分(先端寄り)…糖度16.1度

ほぼ先端とおなじですね。

 ③中央部分(枝寄り)…糖度16.7度 

④枝近く…糖度17.9度

おっ!!
枝近くの糖度がずば抜けて高い!

保谷果樹園さんからたくさん藤稔を頂いたので、平均値を取るべく、違う房でも計ってみました。

まとめるとこんな感じ↓↓

平均で見ても「④枝近く」が
1番高い結果となりました~!

「①先端」と「②中央部分(先端寄り)」がほぼ同じ糖度の房もありましたが、比較的「先端の方は糖度が低い」という結果でした。

真ん中を境に、こんなに糖度に差があるなんて!
私自身も驚き~!!

他の品種ではどうなのかな。

 

◆サニールージュ

サニールージュは赤系ぶどう、糖度が19度前後の品種です。

藤稔と同じく4部位に分けて糖度を測ってみましたよ~。

結果は、こんなかんじに!↓

①先端 18.4度
②中央(先寄り) 18.1度
③中央(枝寄り) 18.3度
④枝近く(上) 19.0度

サニールージュも、「④枝近く」の糖度が1番高く、その他の部位では、あまり糖度が変わらない結果となりました。

◆シャインマスカット

シャインマスカットは皮ごと食べられる緑系ぶどう。

糖度は、こちらも19度前後の品種です。

気になる結果は、こちら↓

①先端 17.1度
②中央(先寄り) 18.6度
③中央(枝寄り) 19.5度
④枝近く(上) 19.8度

すっごくわかりやすくい結果!

「①先端」から「④枝近く」にかけて糖度があがっていますね。

◆デラウェア

赤系の小粒ぶどう。

小粒なのでミキサーにかけるのに
粒数がたくさん必要でした…。

デラウェアは糖度20度くらいの品種です。

果たして結果は…↓

①先端 14.0度
②中央(先寄り) 14.6度
③中央(枝寄り) 14.4度
④枝近く(上) 16.0度

今回、購入したデラウェアは糖度が低めでしたね。

低い中でも糖度が1番高いのは「④枝近く」となりました。

実験1:結果

こちらも、まとめてみました↓↓

糖度が1番高い部位は、
どの品種でも「④枝近く」でした!

低い部位は、「①先端」や「②中央部分(先端寄り)」と品種によって異なっていたり、①~③ではあまり糖度に違いがなかったり…。

藤稔のように、いくつかの房で測定して平均をとったら、傾向が見えてきたかもしれませんね!
もっと糖度測定したい欲がムクムク…。

今回の測定でハッキリとわかったのは
「④枝近く」の糖度が高いこと!

なんで枝近くの粒が甘い?

なぜ「④枝近く」は糖度が高いのか。
それには理由が2つ考えられます!

1つは、「熟していく順番」に秘密がありそうです。

ぶどうは、枝側から順番に熟していくのです。

早くから熟し始める枝側の方が糖度が乗っているということ!

2つ目の理由は、「太陽の当たり方」が関係ありそう。

糖度があがる条件の一つに、日照時間があります。
植物は光合成で糖を作りだします。

ということは!
しっかり太陽が当たっている実の方が、糖度が高くなるというわけですね。

枝側のほうが比較的、太陽に当たりやすいので、糖度が高くなっているのだと思います。

品種や房によって、糖度の低い部位が異なったのも、太陽の当たり具合によるものかもしれませんね。

◆ブドウは追熟しない果物

食オタ会議でも話題にあがった、
ぶどうも追熟させると甘くなるのか。

果物の中には追熟するものとしないものがあります。

●追熟する果物…バナナ・キウイ・メロンなど
●追熟しない果物…いちご・りんご・ぶどうなど

そう、ぶどうは追熟しない果物なのです。

では、糖度の変化はあまりないのでしょうか。
気になるところです。

実験2:追熟させると甘くなるか?

ぶどうの糖度は、時間が経つと変わるのか、糖度変化の実験をしてみます。

中央部分の実を4つに分けて常温と冷蔵で調べてみました!

比較実験
①追熟(常温保存)3日
②追熟(常温保存)6日※藤稔とサニールージュのみ
③冷蔵保存3日
④冷蔵保存6日

保谷果樹園さんからいただいた藤稔とサニールージュは、常温保存で6日置いても大丈夫でしたが、
スーパーで購入したシャインマスカットとデラウェアは常温下では3日が限界でした…。

藤稔

実験1で測定したように中央部分は
平均で16.4~16.8度でしたが
どう変化していくのかな。

①追熟(常温保存)で3日

糖度は、18.7度
あれ?だいぶ上がりましたね…。

②追熟(常温保存)6日

糖度は、19.4度

③冷蔵保存3日

糖度は、16.2度

④冷蔵保存6日

糖度は16.8度

その他の品種の結果は…

◆サニールージュ

①追熟(常温保存)3日18.9度
②追熟(常温保存)6日19.4度
③冷蔵保存3日17.0度
④冷蔵保存6日17.4度

◆シャインマスカット

①追熟(常温保存)3日19.5度
②追熟(常温保存)6日測定不能
③冷蔵保存3日17.4度
④冷蔵保存6日17.7度

◆デラウェア

①追熟(常温保存)3日16.6度
②追熟(常温保存)6日測定不能
③冷蔵保存3日16.1度
④冷蔵保存6日15.8度

実験2:結果

まとめてみました↓↓

ぶどうは追熟させても糖度がのらない
と聞いたことがあったのですが…

ほとんどの品種で常温保存すると
糖度があがっていました。

でもでも!
常温保存で追熟させたぶどうは
あんまり美味しくなかった…!

ぶどうの美味しさみずみずしさも半減、香りも少なくなってしまっています。

\結論/

総合的に美味しく食べたいのなら、収穫したら早めに、買ったら早めに食べるのがオススメ!

そして、冷蔵保存ではほとんどの品種で
糖度が下がってますね…。

ただ、スイカの記事でも説明したように、ぶどうも果糖がとっても多い果物なので、低温で甘みを感じやすいです。

スイカ同様、食べる少し前に、冷蔵庫で冷やすのが良さそうです!

まとめ

実験1

「ぶどうはどこが甘いの?」

答え:枝の近く

品種ごとの部位別、糖度ランキング!

今回、計った品種はどれも
「枝近く」の糖度が高い結果でした!

品種によっては、差がないものもあるようです。

でも、なんだかホッとしました。
もし先端が1番甘かったら…少ないから奪い合いになってしまいますよね。

先端側から順に、枝側に向かって
食べていくとどんどん甘くなるので
最後まで美味しく食べられそうです♪

実験2

「ぶどうは追熟させると甘くなるの?」

答え:甘くなる

が、しかし!
常温で追熟すると美味しくない!

ぶどうの美味しさでもある、みずみずしさや香りがなくなってしまうので、常温で置くなら3日くらいまで。
冷やしすぎは糖度の低下につながるので、食べる少し前に冷蔵庫で冷やしてみてください。

どうしてもすぐに食べられないときは?

軸を少し残して1粒ずつカットしておくと、日持ちしやすいですよ。

どんな果物や野菜もそうですが
生産者さんの努力と愛の結晶です。

ぶどうは特に摘果に手間がかかる果物なんです!

摘果せずに放置するとこーんなに実がつきます。

糖度が高くて、キレイな形のぶどうにするために、ひとつひとつ手作業で、摘果をしているんです!

生産者さんの手間があっての
この甘さ!この美しい形なのです!!

そんなことも、ふと思い出しながら
先端から枝側へ…

おいしくぶどうを食べて頂けたら
嬉しいです♪

次回の食オタNOTEもお楽しみに!