食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

もうジャリってしたくない!失敗しないアサリの砂抜き方法

こんにちは!魚オタの糸井です。

みなさんは「潮干狩り」行きますか~?

食オタノートの編集会議でも
アサリについて、意見が。

「失敗しない砂抜き方法って知りたいよね」

うん、確かに!

これは魚オタの出番ですね~!

というわけで!

アサリの砂抜きはどうするのがいい?
を徹底調査してみましたー!

アサリの砂抜き方法[基本]

なぜ砂が入っているの?

そもそもアサリの中にはなぜ砂が入っているんでしょう?

その理由は、アサリの生態にあります!

◆あさり(浅利)とは?

浅瀬の砂の上で生息している貝です。

何を食べているかというと、海の中のプランクトン。「水管」と呼ばれる器官を外に出して、海水と一緒に砂なども吸い込んで食べています。

「水管」には吐き出す機能もあり、吸い込んだ海水や砂を出しますが、砂の一部は中に残ったままに…。

というわけなんですね!

だから、砂が残っているんだ!!

ちなみに、「水管」はこれ。↓

ひえーー!
ちょっとコワい…!

市販のアサリで「砂抜き済」となっていても、砂は残っています。

だから、砂抜きは必ずしましょう~。

◆基本の砂抜き方法

まずは、基本のアサリの砂抜き方法
よく言われているのはこんな感じ。↓

■3パーセントの塩水に浸ける
■冷暗所に5~6時間おく

「3%」は、海水の塩分濃度ですね。

海と似た環境を作ってアサリに砂を吐かせるってわけです!

大さじ1の塩は約5g。

これを知っておくと3パーセント塩水も作りやすい!

ポイントは、アサリを浸ける前に
塩はしっかり混ぜて溶かすこと。

水の量は、こんな感じ↓
アサリが少し顔を出すくらい。

これで冷暗所で5~6時間おけば、ほぼ砂は抜けます。

でも…

わざわざ暗くしないとダメ?
低温にしないとダメ?

めんどくさいわ~。

うんうん、わかる!!

暗い方が本当にいいのか?
温度が低い方が本当にいいのか??

実験行ってみましょう~!!

 

【比較実験】ベストな砂抜き方法は?


どうやったらよく砂を吐いてくれるか、
条件を変えて実験してみます!

実験1:環境(明るさ・温度)比較実験


まずは、アサリの砂抜きに適した「環境」を比較してみます!

●本当に暗い方が良いのか?
●温度が低い方が良いのか?

「明るさ」と「温度」を検証。

比較する環境のはこの4つ。

A 常温・明るい
B 常温・暗い
C 冷蔵庫・明るい
D 冷蔵庫・暗い

準備

バットに同量のアサリを準備します。
全て、3パーセントの塩水を使用。

BDはアルミホイルをかぶせて、
暗い状態を作りました。

ACはラップをして明るい状態で実験。

常温のものは、キッチンに。
温度は21.1度。

冷蔵庫は4.1度。

これで6時間置いておきます!
さてどんな結果になるでしょうか!?

◆途中経過

キッチンに置いておいたアサリ、
周りが水浸しに!!

観察中もアサリは勢いよく水を吐き出してました!

◆砂抜き完了

さて、6時間後。砂抜き完了。

なんだかいろいろ水に浮かんでる…?

砂もちゃんと吐き出してくれたかな!?

このままだと比較しにくいので、
コップに出してみました。

こうして見ると、だいぶ水が汚れているな~。

ただ、水を比較しても砂抜きできたかどうかがわからない…。

実食して比較することにします!

実食して比較

食べてみて、砂が残っていた個数を調査してみます!

アサリと言えば酒蒸し♪

お酒をふって、せいろに投入~!

待つこと5分。

蓋を開けると、あぁ~磯のいい香り!

おっと!
香りに浸っている場合じゃありません!

砂が残ってないか、食べて調査!!!

結果は…

◆実食調査結果

A 常温・明12個中2個に砂あり
B 常温・暗12個中に2個砂あり
C 冷蔵庫・明12個中に1個砂あり
D 冷蔵庫・暗砂なし

なんと!
「D冷蔵庫・暗」はパーフェクトに砂抜き出来ていました!!

他はわずかに砂が残っているものが…。

砂抜きをするには、

●暗くすること
●冷蔵庫に入れておくこと

が大事なんですね!

実験2:塩の種類で比較実験


ところで、使う塩って影響あるのかな?

ふっと沸いたこの疑問。
疑問に感じたら、調べるのが食オタ!

今度は、アサリの砂抜きに適した
「塩の種類」を比較!

●塩はどんな種類でもいいの?
●そもそも塩はいるの?

を調べてみます!

比較するのはこの4つ。

A 海塩
B 岩塩
C 精製塩
D 真水(塩なし)

◆準備

さきほどの実験1で使ったのはこちらの国内製造の海塩。

今回の実験2では海外の海塩をチョイス。

向かって左から↓
A海塩(海外)、B岩塩、C精製塩

環境は実験1で最も良い結果だった
「冷蔵庫」「暗い」に揃えて調べます!

塩分濃度はいずれも3パーセントを用意。

真水も用意して4つのバットをセット。

ここにアサリ投入!

アルミホイルをかぶせて…

冷蔵庫へ!

これで6時間置きます。

差が出てくれるといいんだけどな。
(ドキドキ)

◆砂抜き完了

冷蔵庫から取り出して
アルミホイルをオープン!

おや?!
明らかに真水だけ様子が違う!

水管が出ている貝が全然ない~!!
(真水のアサリ=写真左下)

死んじゃったかな…(不安)

水をコップに取り出してみました。

うーん、やっぱり真水だけ吐き出されたものが少ない。

じゃあ、実際はどうなのか、
食べて比較します。

◆実食して比較

今回も、せいろ蒸し5分。

食べ比べてみた結果…

◆実食調査結果

A 海塩砂なし
B 岩塩砂なし
C 精製塩15個中に2個砂あり
D 真水(塩なし)15個中に1個砂あり

海塩(海外)と岩塩は砂抜きパーフェクト!

心配していた真水は、意外と砂ありが少なかったです。

もっと砂が残ってるかと思ったのに。

そして、精製塩って塩だけど砂抜きにむいてない…??

言い切っていいかはわかりませんが、
今回の実験だけ見ると…

使うなら海塩・岩塩がオススメ!

砂抜きの時短方法を検証!

ところで…。

砂抜き6時間って長くない…?
もっと早く砂抜きってできないの!?

そんなせっかちさんのために、
50度(塩なし)のお湯で
砂抜きする方法もあるようです。

実験3:お湯で時短砂抜きはできるか?


●本当にお湯で砂抜き可能か
●何分待てばOKか

を調べます!

この3つの時間で比較してみます。

・ 5分
・ 10分
・ 15分

温度は「50℃」で統一します。

◆準備

まずは50度のお湯を用意。

アサリを投入。
5分、10分、15分待って…

それぞれの砂抜き具合を食べ比べてみます!

◆砂抜き完了

砂抜きに使ったお湯を取り出して比較。

あんまり汚れてない…。

うーん、大丈夫か!?

実食して比較

おいしいとはいえ、酒蒸しにちょっと飽きてきた私。

そこで、今回は春キャベツと一緒に蒸し焼きに♪

ニンニクも使って香り良く!

さて結果は…!?

実食調査結果

5分12個中に2個砂あり
10分12個中に2個砂あり
15分砂なし

※すべて50℃のお湯で途中お湯の入れ替えは無し
※塩は不使用

15分はパーフェクトに砂抜きできた!

そうか、お湯なら
15分で砂抜きできるのか!!!

急いでアサリの砂抜きをしたいときは
●50度のお湯に15分浸ける
方法が使えますね!

でも、これは私の主観ですが、
お湯で砂抜きしたものは、
うまみも抜けてしまったような…。

あくまで主観ですが。

まとめ

今回の3つの実験結果は以下の通り。

これらの結果を踏まえると、
一番いい砂抜きの方法は…

ベストな砂抜き方法

●冷蔵庫に入れる

●暗くする

●使う塩は海塩 or 岩塩

●6時間ほどおく

となりました!

そして、どうしても時間がない時は、

●50度のお湯を用意

●15分おく

でもOK!

これからのアサリの季節。
ぜひ参考にしてみて下さい♪


今回たくさんアサリを食べましたが、
改めてアサリって美味しい!と実感。

でも最近は、潮干狩りに行っても
昔に比べてあまり獲れなかったり…。

乱獲やら埋め立てやら温暖化やらで、
近年、アサリの生息できる砂浜も
どんどん減っているようです。

こんな美味しいアサリが食べれなくなったら嫌だな~。

アサリは、春がおいしい季節。

失敗しない砂抜き方法で、旬の味を楽しんでくださいね♪

それでは次回の食オタノートも
お楽しみに!!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE