食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

和歌山訪問レポート・前編「ファームゆうき」片岡さん

32 views

和歌山県といえば「みかん」!!
生産量全国1位です。  

先日、和歌山県の産地を訪問しました。
その様子を、前編・後編でレポートします!  

前編は「ファームゆうき」さんについてのお話し。
後編は、由良町やミカンの産地をお伝えします。

≫ 後編はこちら      


最初に見学させていただいたのは 「ファームゆうき」さん。

和歌山有機認証協会で、 有機認定を受けている農園さんです。  

こちらがの代表の、片岡かおり さん。  

すごく笑顔の可愛らしい まっすぐで素敵な女性です!      

「大切な人を美味しい野菜で元気にしたい だから有機農業始めました」 と、片岡さん。    
  7反の畑に、様々な野菜を育ててらっしゃいます。    

まずはこちらの畑。 トンネルの中をのぞくと…    

私大好きなパクチー!!!!!  

葉っぱをちぎって、その場でパクリ。   すっごくいい香りー!!!    

そして、嫌みな香りじゃなくて食べやすいんです!  
片岡さんのパクチーは 甘みがあって、うま味が強いのが特徴。
口いっぱいにパクチーの風味が広がります。      

育ち方にも特徴が。    

スーッと立ち上がって生えるパクチーもありますが、 片岡さんのものは地這!!  
横に広がっているのが分かるでしょうか?    

この育ち方も きっと、美味しさの秘訣なんですね。    
そして、指先のこの穴、 何だと思いますか?  

これは モグラが根っこを食べてしまった後の 穴なんだそうです!      
パクチーは人参と同じ “セリ科”。  
根っこが人参のように少し太くなります。 実はこのパクチーの根って、 香りが強くておいしいんですよね!!      
モグラが根っこを狙って食べに来るのも、 なんだか納得。  

隣には同じセリ科の、チャービルがありました。
これもハーブの一種で パセリのように使えます。          
ハウスの方にも案内していただきました。

中に入ると あったか〜♪  

温度計を見ると、約30℃。  
ずっとハウスの中に居たいくらい!    

葉野菜がたくさんです!!  
とってもキレイ!! そして美味しそう〜!!!!    

みなさんは、 どれが何の野菜かわかりますかー?

下の写真で、片岡さんが持っているのは スイスチャード。    

アイスプラントの上に テントウムシを発見!

てんとう虫は、 アブラムシを食べてくれる私たちの味方ですね。  
こういう虫たちに出会えるのも、 有機栽培ならでは!      
こちらはリーフレタスのレッド。  

このレタスは、カキチシャの仲間で、 葉っぱを1枚づつかきながら収穫していきます。  
10月くらいから植えて、収穫しながら 軸がこんな風に成長していきます。  

こちらはハーブの一種、ディル。

きれいなグリーンのリーフレタス

ハウスの中には他に、 イタリアンパセリや、チャービル、パクチー などなども!    

話しはのらぼう菜に。   「
私、のらぼう菜大好きなんです!!」
意気投合!   「あっちの畑に植わってます♪」

ぜひ見せてください〜!       と。 その前に、倉庫の中を見学。  
黒いポットは、スペアミントの苗です。

種とりから育てて、 ここまで来るのに2年くらいかかってるそうです!          
堆肥も見せていただきました。   もみ殻・大豆・米ぬか・くず野菜など 植物性のもののみで、 ご自身で作られています。  

なんだか堆肥まで 女性らしくて美しい!

そして、のらぼう菜の畑へ!!

みなさんは「のらぼう菜」って 知っていますか?  
これは、菜花のひとつで 特に関東では 春を告げる野菜として親しまれています。  

“江戸東京野菜” のひとつであるのらぼう菜は 東京のあきる野市、
五日市市などで栽培されていて、 江戸時代、飢饉から人々を救ったと言われています。

のらぼう菜は、何と言っても美味しい!!!  
一般的な菜花に比べると 断然柔らかく、甘みが強いんです。  
そして変な癖もなく、 春のうま味たっぷり♪

もうすぐ収穫期を迎えます! 待ち遠しい〜!!  
のらぼう菜、食べ方は菜の花と同じなので 出会ったらぜひ食べてみてくださいね〜♪  

最後にもうひとつの畑へ。    
さてコチラの葉っぱ。 何の野菜か分かりますか〜?    

5月くらいに収穫されます。  
これも私、大好きな野菜! ソラマメです!!  
見えますか?! 少し花芽もついてきてます!  

こちらの畑には、草がたくさん。  
いまは、ソラマメの草丈より 雑草のほうが低いので 草取りの必要はないそうです。  

「この草たちは、未来への貯金」 と、片岡さん。  

将来この草は枯れて有機物になり、 それをすきこんで土に戻す。  
それに、土の素肌が出ていると、 土中の微生物も死んじゃうことも。    

  「草もすべて、ここに必要なものが出てきているだけ」  

なんて素敵なお話しー!!!      
ソラマメ畑の草の上は、 なんだかポカポカで、 とっても気持ちよかったです♪  

どんな基準で 育てる野菜を選んでいるか聞いてみました。      

「自分が食べたいもの!美味しいと思ったもの!」 と、とびきりの笑顔。  
「農業をやっていて、やっぱり食べている時が一番楽しい!」   そして、“天職” とおっしゃいます。  

本当に、畑に居る片岡さんは イキイキしていて、 すごく輝いています!      
もともと乗馬インストラクターだそうで 「畑に馬、飼います!」と(笑)    

素敵な女性に出会うことができました♪    
  「ファームゆうき」の片岡さん、 本当にありがとうございました!!  

お土産のパクチーとのらちゃん菜、 とっても美味しかったです♪ ありがとうございましたー!!      

【和歌山訪問レポート・後編】へ続く。。。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Evernote
Send to LINE