食オタMAGAZINE|食のオタクによる食育WEBマガジン

《山梨県》原木舞茸の万能だしパック!丹波山倶楽部の香り舞う舞茸だし

 

商品紹介

通常出回る舞茸は菌床栽培で育てられますが、丹波山倶楽部では、原木で舞茸を栽培されています。天然の舞茸に近い環境で育っているため、原木舞茸は格段に味・香り・食感が違う!

ナラの木を切り出してそこに舞茸菌を植菌し、3か月間ほど培養したのち、榾木(ほだぎ)ごと畑の土の中に埋めていきます。枯れ葉をかぶせて約3カ月後、9月中旬から10月上旬に舞茸が収穫できます。

そんな貴重な原木舞茸を乾燥させてつくられた、だしパックです。

 

多摩川の源流が流れる山梨県丹波山村では、天然の舞茸は秋の風物詩でした。しかし天然舞茸は、危険な山の斜面や深い森に生えているため、近年は採りに出かける人も少なくなり、丹波山の舞茸を味わえることも少なくなりました。

丹波山倶楽部の舞茸は、源流の川・山・空気に囲まれた自然の中で栽培されるため、この天然舞茸のような豊かな香りと旨味があります。ただし、収穫できるのはたったの3週間!!

だしパックなら、そんな丹波山の舞茸の味を家庭でも、通年味わえます。

 

山で天然舞茸を見つけると嬉しくて思わず踊りだしたくなるから、舞茸と名付けられたと言われています。

旨味や風味、栄養が凝縮された乾燥舞茸をパウダー状にし、それを引き立てるこだわり原料をブレンドしています。
<その他の風味原料例>
・北海道産真昆布
・焼津産枯れ鯖節
・焼津産鰹本枯節、荒節
・東広島産原木椎茸
・熊本県産煮干しうるめ鰯


≫ だしパックの上手な使い方

だしパックとしてだけではなく、袋の中身を取り出して、煮込み料理や炒め物、ご飯のふりかけや炊き込み、ジャガイモと合わせるなど、旨味パウダーとして使えます!出汁を取った後も、中身を取り出して冷奴にかけるなど再度使えます!!

化学調味料・保存料無添加です。